イラスト

忙しいので1日10分で綾波レイを描いてみます

かつて社会現象を巻き起こした伝説のアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のヒロインの一人「綾波レイ」。そんな彼女のイラストを描きたいと思い、3ヵ月ぶりにペンを取ったのですが、残念ながら仕事が忙しくイラストを描く時間がありません…。そこで、平日1日10分だけ時間を作り、チマチマ進めた結果どれくらいで完成するのか、チャレンジしてみたいと思います。この記事は進捗があった時に、都度更新していこうと思います。(何日かかるのやら…)1枚のイラストが出来るまでの細かい制作過程になると思うので、イラストの制作過程などが気になる方は是非覗いてみて下さい。

 

経緯:シン・エヴァンゲリオン劇場版の特報を見て衝動的に描きたくなってしまいました

何故今になって綾波レイを描きたくなったのか、という話なんですが、2018年7月に「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の特報が公開され、それを見てしまったからです。
新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』は2020年6月に公開を予定しているエヴァンゲリオンシリーズの完結編となる予定の作品です。

※特報1、特報2をKING RECORDSの投稿から引用しています。

実はこの特報の前に、シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の冒頭10分を放映するイベントでも本編を見ていました。もうワクワクが止まりません。そんなワクワクを消化させるために、前作の「Q」に登場し、次回も登場するであろう、「アヤナミレイ(仮称)」を描いてみることにしました。

 

実は前作公開時も綾波レイを描いていました

綾波プラグスーツ
当時「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」が公開された時にもプラグスーツ姿の綾波レイを描いていました。2012年です。あれから7年も経過していると思うとビックリです。当時僕はまだ学生だったため、イラストを描く時間があったのですが、今となっては社会人、仕事に埋もれる毎日です。そのため、今回は1日10分という時間を決めてイラストを描いてみようと思います。

1日10分イラストのルール

  1. 平日は1日10分だけ使ってイラストを描く
  2. 休日はその限りではない
  3. 完成(全身の着色)までやり遂げる

 

使った機材・ソフト・参考にしたもの

ラフ:iPad Air+Apple Pencil
ラフ以外:PC + SAI
参考書:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 記録集(劇場版パンフレット)

 

1日目:バストアップのラフ

1日目はバストアップ(胸から上)のラフを描きました。休みの日だった事もあり、20分程描きました。20分で全然進んでないです…。ちなみにこのラフはiPad Air+Apple Pencilで描きました。感覚的に描けるのでささっと描くのにはちょうどいいですね。

 

 

 

2日目:全身ラフ


iPadで描いたラフを使って全身のラフを描きました。が、バランスなどがおかしかったのでほぼ描き直しました…。この日も休日だったので40分程描きました。
劇場版のパンフレットを引っ張り出してアヤナミレイ(仮称)のプラグスーツはどんなだったか確認しつつ進めました。

 

 

 

3日目:プラグスーツのラフ


3日目。10分だけです。プラグスーツのラフをざっくり描きました。
資料を見ながらとはいえ、プラグスーツはめっちゃ難しいです…。そして、今回は「アヤナミレイ(仮称)」のプラグスーツを描いたのですが、アニメ版や「破」までの綾波レイとはまた違った形状のプラグスーツとなっています。

 

 

 

4日目:顔まわりのクリーンアップ


4日目:10分で顔まわりの線をきれいにしました。とても時間かかってます…。
バランスが気に入らず、微妙に調整しています。

 

 

 

 

5日目:顔まわり・脚のクリーンアップ


5日目:またまた顔のバランスが気に入らず、目の高さや髪周りを調整しました。
また、脚と背中の線などを少し整えました。10分が早い…!

 

綾波の髪型の特徴

綾波の髪型は、耳が隠れる長さ、かつ首までは届かない短めのショートカットです。
そして、顔周りにピッタリくっついているのが特徴です。そして前髪は長め。眉間で束になるタイプです。今回は綾波の特徴を考えつつ、個人的な趣味を交えた感じにしてみました。

 

 

 

6日目:脚のクリーンアップ


5日目:引き続き脚のクリーンアップです。今回は左脚。全然進みません…。

 

 

 

6日目:手、胸から上の部分のクリーンアップ


6日目:線画についてはこれでほぼ完成です。1日10分とは言えここまでで約1週間…。

 

 

 

7日目:下塗り着色


7日目:突然進んだように見えますが、これはバケツ塗りを使っているためです。
僕は線画を領域指定元に設定し、線で囲まれている部分をバケツ塗りで塗るスタイルで着色をしています。そのため、線がしっかり繋がっていればここまでは一瞬で塗れます。(ここから先が長いのですが…)

 

綾波の色の特徴

新劇場版:破 までは白色のプラグスーツだったのに対し、Q以降は黒いプラグスーツになっています。劇場版パンフレットによると、どうやら任務によってプラグスーツのタイプが若干異なるようで、脇から背中にかけての部分は赤色のタイプと黒色のタイプがあります。
ちなみに、綾波の髪の色は「アヤナミブルー」という色を参考にしています。
参考:アヤナミブルー

 

 

 

8日目:目の着色


9日目:休日のため、30分くらいかけました。色々な順番があると思うのですが、僕はまず最初に目を細かく塗ります…。(目がイイ感じにならないとテンションが上がらないためです)実は目だけで9枚くらいレイヤーを使っています。綾波の目の色は濃い赤なのですが、対象となる色を入れるとちょっとカッコ良くなると聞いたので、ちょっとオシャレを目指してみました。
ちなみに、目の着色方法などは、別の記事でも詳しく説明していますので良かったらどうぞ

SAIを使った自己流イラストの描き方久しぶりにSAIを起動したBUSSANです。 今回、ツイッターのアイコンか、カバー画像(ヘッダー画像)用にと思って キャラクター...

 

9日目:髪の着色


9日目:髪をちゃんと塗りました。ハイライト・グラデーション・影のレイヤーで構成されています。日曜なので30分くらいかけました…。

 

 

10日目:顔の影の着色

アヤナミレイ11

10日目:髪と顔の間にかかる影を描きました。普段影は黒いレイヤーを40%くらいに透過(半透明にすること)させて塗ってしまう事が多いのですが、肌の色が黒ずんでしまうので、最近は肌色の明度を下げて少し赤みを強くした色を影の色として使っています。
また、ここでは影と併せてチークもつけています。

 

12日目:体の影の着色

アヤナミレイ12
12日目:プラグスーツの影を描きました。プラグスーツは単純に灰色なので、黒を透過させて塗りました。使ったのはエアブラシ。ここでは一旦、結構ざっくりな感じで塗ります。

 

 

13日目:体の影をもっと細かく着色


13日目:プラグスーツの影をもう少し細かく塗っていきます。ざっくり塗りのレイヤーとは分けて、細かい部分用のレイヤーを追加しています。使ったのはエアブラシ+ぼかしツール。

 

 

14日目:体にかかる光を着色

アヤナミレイ14
14日目:プラグスーツにかかる光(つや)になる部分を塗りました。個人的にアヤナミレイ(仮称)のプラグスーツは艶消し、もしくは半艶、くらいだと思っています。(あまりテカテカしていないのでは…と思う)公式のイラストを見ても艶の表現は控えめになっています。しかし、シンジやカヲルのプラグスーツは艶があるようなので、実際のところどうなのかは微妙なところかもしれません…。

 

 

15日目:全体の色味を調整して完成



15日目:色味の統一と、綾波レイらしい雰囲気を作りたかったので青色のオーバーレイを10%ほどの濃度でかけています。また、床にかかる影を塗りました。背景も描こうかと思いましたが…今回は区切りがよいのでこれで完成にします…!

 

 

 

 

毎日10分を続けてわかった事

この投稿については、進捗があり次第随時更新してきましたが、毎日10分づつ進めるスタイルでイラストを描いてみて分かったのでは、次の3点です。

  1. どんなに時間が無くても出来る
  2. 強制的に進む=継続に繋がる
  3. 何回も見返すので細かい修正点に気づける

どんなに時間が無くても出来る

僕は1枚を描くのにとても時間がかかる人なので、最初は、日々忙しく、イラストを描く時間を作るのは到底無理だと思っていました。しかし1日1時間、は作るのが難しくても、
1日10分なら作れるはずです。「時間がなくて描けない」というのは言い訳でしかない、という事がわかってしまいました…。

 

強制的に進む=継続に繋がる

描き始めたはいいけど、途中で面倒になってやめてしまったり、思うように描けなくて諦めてしまったり、時間がなくて止まってしまったり、というのがイラストあるあるです。しかし、今回は「毎日描く」&「完成まで描く」というルールなので、強制的に進みます。そして10分だけなので飽きる事もなく、継続がしやすくなります。

 

何回も見返すので細かい修正点に気づける

イラストを描いていると、後になって見返したら不自然だった、バランスがおかしかった、微妙に感じた、など、見返すことによって修正点に気づける事 が結構あると思います。
今回は少しづつ描いては時間を空ける、を繰り返したので、悩んでいた部分を納得がいくまで細かく修正できました。特に線画が出来るまでは顔のバランスなど何回も修正しています。

 

結論、1日10分イラストは忙しい人&飽きやすい人にとってめちゃメリットのある描き方だと思います。
イラストを描きたいけど時間が無い人
以前描いていたけどしばらく描けていない人
描いてるけど着色まで行けない人
ラフで満足しちゃう人
などにはとってもおススメの描き方です。是非試してみては?

 

 

イラストを描く前にやる事(ブラック)
イラストをちょっとイイ感じにするコツ【自己流上達方法】どうも、駆け出しイラストレーターBUSSANです。 前回の投稿「イラストの空きスペースでPRしませんか?」で、背景付き の女の子のイ...
イラスト上達過程10年分
イラストは描き続けるだけで上達するって本当?上達過程10年分まとめてみました!どうもBUSSANです。 僕は高校生の頃からイラストを描き始めたのですが、 気付いたら10年が経ち、20代も後半となっていました。 ...
SAIを使った自己流イラストの描き方久しぶりにSAIを起動したBUSSANです。 今回、ツイッターのアイコンか、カバー画像(ヘッダー画像)用にと思って キャラクター...
多趣味な人の圧倒的メリットに気づいたかもしれないので聞いて欲しいんです。多趣味=中途半端?本当にそうでしょうか。僕は多趣味の当事者なのですが、実は最近まで多趣味であることのデメリットに悩んでばかりいました。や...