コーヒー

CookDoがDoできない僕がコーヒーを豆から淹れるようになったワケ

コーヒー豆

どうもBUSSAN(BUSSAN_8888)です。

アイキャッチ(TOP画像)は自宅のミルの中で挽かれて美味しいコーヒーになる
ほんの数秒前のコーヒー豆です。自宅で淹れるコーヒーは本当に美味しいです。

 

突然ですが僕は料理が出来ません。
正確に言うとクソ下手です。

どれくらい下手かというと、CookDoがDoできないくらい下手です。

マジです。

キャベツと具を混ぜて焼くだけなのに入れるキャベツの量を間違えて
極薄味にするのが得意でした。

他にも、普通に炊いたつもりの米が、
米粒が半分に割れてべちゃべちゃになるというミラクルを起こした事もあります。

ちなみに料理だけでなくお菓子作りもなかなかのものです。
焼きチョコは特に得意でした。
(生チョコを作ろうとしたんですが火加減が分からず焼きあがってしまいました)

 

 

 

そんな僕ですが、
実は1年半ほど前から、毎日コーヒーを豆から淹れて飲むようになりました。

なぜそうなったのか、その経緯を書いておこうとおもいます。

 

 

 

最初に飲んでいたのはMt.RAINIERでした

 

マウントレーニア

さかのぼる事3年。
そのころは無糖のコーヒーなど絶対飲めない、というかあまりコーヒーには興味がない派だったのですが、
Mt.RAINIERだけはちょっとおいしいと感じていました。

そのうち、各コンビニの「アイスカフェラテ」にハマるようになります。
甘いコーヒーは卒業したい。でも苦いコーヒーは無理。でも牛乳が入っていれば飲める。⇒カフェラテだ。みたいな。

 

コンビニコーヒー

3年前というと2015年ですが、2015年~2016年頃はコンビニコーヒーがブームになっており、まさコンビニコーヒーの戦国時代でした。
その時、しのぎを削っていたのは豆から淹れるアイスカフェラテを提供していたファミリーマートとローソン。
そしてセブンイレブンが後からアイスカフェラテに参戦したのも2015年でした。
ローソンのアイスカフェラテが180円から150円に値下げされたのもその年です。

ちなみに、ブルーボトルコーヒーが1号店を出店したのも2015年でした。
サードウェーブコーヒーという言葉がメディアで出回り出したのもこの頃でした。

今思えば本当に2015年~2016年はコーヒーブーム大戦開幕の年だったのかもしれません。
そんな現象を横目に、僕はひたすらローソンのカフェラテ(アイス/ホット)を飲み続けていました。

インスタントコーヒーとのであい

BROOKS

しかしあるとき、ブルックスのインスタントコーヒーに出会い、コンビニのカフェラテを卒業します。
ブルックスは種類がたくさんあり、それぞれ味も違います。
毎日ブルックスのコーヒーを飲んでいるうちに、もはや豆から淹れた方が美味しいのでは?と気づきます。

しかし、豆から淹れるためには道具が必要です。
まずミル。豆を挽かないといけません。
そして豆から抽出するための道具。もしくは機械。
もはや色々種類がありすぎて訳わかりません。
道具を買ってもテクニックが必要そうだし、機械はなにやら高そうだし、なんかすげーハードルが高そう。
そんなイメージでした。

しかし調べてみたら、豆から挽かなくても挽いてある豆が売っているとのこと。
マジかよこれでいいじゃん!ということで、
その時初めて買ったコーヒー豆が、丸山珈琲の豆でした。
そして、とりあえず淹れられるように、東急ハンズでKaritaの「102ドリッパー」と「ペーパーフィルター」を買いました。

coffee_myselfずっと使っているKaritaの102ドリッパー

珈琲の粉、ドリッパー、フィルターをもって家に帰ったその日、
ドリッパーの説明書に書いてある「おいしい淹れ方」を見ながら、早速人生初のコーヒー抽出をしてみました。
コーヒーポットは無いので、ケトルから直注ぎです。
なるべくお湯が細くなるようにゆっくり「の」の字を描きつつお湯を注ぎます。
淹れ方はこれでいいのか悪いのか正直よくわかりませんでしたが、味は感動でした。

こんなにおいしいコーヒーが飲めるならカフェ行かなくていいじゃん。

というのが正直な感想でした。
見よう見まねで適当に淹れてもこのおいしさ…。
これからは自分で淹れよう。そう決めたのがこの日でした。
CookDoがDoできなくても、コーヒーは淹れれると気づいた日でした。
結局、「興味」「実行するかどうか」だけだったのではないかと思います。

そこから数日、毎日コーヒーを淹れていたのですが、
1週間ほど経過した時、ある異変に気付きます。

なんか酸っぱく感じる…

そしてその酸味は日々増していきました。

日に日に酸っぱくなるコーヒー… 何故!?

何故酸っぱくなってしまったのか、この後どうしたのかは次回!

次回⇒毎日1年間コーヒーを豆から淹れて分かったこと