イラスト

イラストで参加型企画!皆さんのお名前、ロゴステッカーにしてみました!

あなたのお名前ステッカーにします

こんにちは、多趣味人間BUSSANです。
最近は仕事で忙しく、中々プライベートの時間を確保することが難しいのですが、どんなに忙しい日でも1日10分はイラストと向き合うようにしています…!今回、3月のはじめにぶわっと創作意欲が湧いてしまったので、それをイラストに落とし込もう!と思い、「参加型イラスト」を企画してみました。ツイッターで参加者を募集したところ、突然の企画にも関わらず、23名の方が参加してくれました!この企画は参加頂いた皆様のおかげで成り立っています。本当にありがとうございます!

この記事では、次のような流れて企画についてまとめてみました。

企画内容…内容の紹介、参加型イラストとは?
結果…どんなイラストが出来上がったのか?この企画でやった事など
経緯…なぜやろうと思ったのか?
方法…どうやってやったのか?
商品化…イラストを使ってアイテムを作りました!
制作裏話…実は色んなところにネタを仕込みました

ボリュームがある内容になっていますので、お時間ある時に読んで頂けたら嬉しいです。
細かい事はいいからイラストが見たい!

という方は目次から「どんなイラストが出来上がったのか」をクリックしてください。

 

 

参加型イラストとは?

参加者を募り、複数人に参加して貰って初めて完成するイラスト、また、制作者だけでなく参加者も楽しめるイラスト。それが参加型イラスト、という事にしています。実は「参加型イラスト」というジャンルがあるわけではなく、これは僕が勝手にそう呼んでいるだけです。BUSSANが発祥になればいいなと淡い期待を抱いています…。

今回はTwitterで次のような募集を行いました。

 


企画内容は、イラストの空きスペースをPRスペースとして使いませんか?というものです。参加頂いた方の名前や、希望のテキスト情報をBUSSANが手描きロゴステッカーにして、ギターに貼り、1枚のイラストにする!という内容です。後々気づいたのですが、ギター程度では面積が小さすぎてあまりPRにならないのでは?と思ったので 「皆さんのお名前、ステッカーにします!」という企画名に変えました(汗)

1週間募集を行い、23名の方に参加頂きました。当初、ギター上に13カ所しかスペースを用意していなかったため、13名集まった時点で募集を止めるか、13名以上になった場合は抽選にしようと考えていたのですが…
結局全員描かせていただきました。

この企画は1枚の絵を描く、というだけでなく、次の内容を含んでいます。
ブログのヘッダー画像に掲載
Twitterのヘッダー画像に掲載
SUZURIのヘッダー画像に掲載
SUZURIで商品化
⑤企画自体を記事化
⑥twitter用ヘッダー画像を配布
まさに1石6 鳥。
実は色々な事をやりたかったのでこの企画を実施してみたのですが、それは後述しますね。まずは出来たイラストを見て頂ければと思います!

 

 

 

どんなイラストが出来上がったのか

経緯や裏話などは一旦後回しにして、まずはイラストを見てもらえたら嬉しいです。表示前に注意点がいくつかあります。下記箇条書きにしますので一読下さい!

・非常にサイズが大きいです(約3MB、解像度5000×5000以上あります)
・PCでの閲覧推奨です
・画像クリックで元画像(圧縮)が表示されます
・元画像をさらにクリックで最大表示となります
・画像は保存・転載・紹介OKです!
・保存した画像を切り抜いてご自身で使ってもらってもOKです!
・ただし販売を目的としていますので商用だけは避けて下さい
(画像を転売する・画像を使って商品を作るなど)

 

 

 

完成イラスト

BUSACOGUITAR

このサイズで見るとギターステッカーが見づらいと思いますので、ギター部分だけ切り抜いた画像(twitter用ヘッダー画像)もつくりました。ダウンロードしてご自由にtwitterのヘッダーとしてお使いください!

 

 

 

twitter用ヘッダー画像

twitterのヘッダー画像サイズは1500×500ですが、この画像は3529×1620という謎サイズになっています。理由は、1500×500だと画像が粗くなってしまうのと、どうしてもアイコンと被り、ヘッダーに表示されないステッカーが出てしまうため、全体の大きさと縦の長さを少し長めにしています。PCから設定すれば縦方向に調節ができると思いますので、ご自身のステッカーが表示されるように上手く調節してみて下さい。

 

 

 

 イラストについてちょっと解説

ステッカーについて

ロゴステッカーについては、BUSSANが手描きデザインしています。(一部規定のフォントを使用したものもあります。)実際のアーティストなどのロゴをオマージュしたものや、ありそうなロゴを自作したりしています。知ってる方だけニヤリとしてもらえればと思います…笑 読めるかどうかギリギリにアレンジしてしまった方もいるので、「自分のステッカーがどれだかわからない!」というお声があれば、BUSSANまでお問い合わせください…!また、元ネタを知りたいけどわからない!という方もBUSSANまでお問い合わせ頂ければ…!

 

 

 

BUSACOの表情について

お気づきの方もいるかもしれませんが、このブログのTOPページのBUSACOと、完成イラストのBUSACOの表情は微妙に違います。実は表情のバリエーションをたくさん作りました。正確に言うと、作れるようにしました。眉毛の角度3パターン×目を2パターン×くちの形を5パターン、30通りの表情ができるようになっています。さらに、眼鏡ありバージョンと無しバージョンが選べますので、合計60種類となります。サングラスバージョンもあります。(誰得)イラストはレイヤーを分けておけばパーツのon/offが出来るため、パターンで表情を作っておくと簡単にバリエーションを増やすことができます。とりあえず30種類くらい書き出してみました。

BUSACOの表情集です

 

その他色んなこだわり

その他にも、ギターやアンプ、着ている服まで色んなネタを仕込みました。記事の最後に記載してますので読んでもらえると嬉しいです。

 

 

 

そもそも、なぜやろうと思ったのか?(イラスト企画に至った経緯)

今回の企画に至ったのは、やりたい事が多くなりすぎたため、「どうせなら一度にやって一気に消化しよう!」と思ったからです。
今回やりたかったとは…

①ものづくりがしたい
②イラストを描きたい
③自分の商品を作りたい
④自分の商品のPRがしたい
⑤描いたイラストを見て欲しい
⑥一人ではなく色んな方を巻き込みたい
⑦だれかの興味を引く事をしてみたい
⑧ロゴデザインにチャレンジしたい
⑨BUSACOを育てたい(キャラとして)
⑩キャラクターの表情の練習をしたい
⑪どうせならブログのヘッダー画像を更新したい
⑫どうせならtwitterのヘッダー画像も更新したい
⑬どうせなら記事のネタも欲しい

以上の13個です。これだけやりたい事があるのに、日々時間がとれずモヤモヤしていました。なので一気に消化しよう!ということで、一つの企画に全部詰め込んで実行を試みました。結果、時間はかかったものの、全て達成できたのではと思っています…!

 

 

 

どうやってやったのか?(描き方、レイヤー構造など)

このイラストの描き方や、レイヤー構造など、配信で簡単にお見せしています。
もし興味がある方がいらっしゃったら、下記の配信を見て頂ければと思います!

 

 

 

イラストを使ってアイテムを作りました!

イラストを使ってスマートフォンケースを作りました!
(ズッキュンしてもらえるとめちゃくちゃ喜びます…!)

イラストの一部をiphoneケースにプリントしました。
サイズはiphone /6(6s)/7(Plus)/8(Plus)/X(XS)に対応しています。
対応機種はiphoneのみ。androidは非対応です。

商品ページへ:BUSACOGUITAR 手帳型スマートフォンケース

SUZURIというサービスを使って商品を作りました!
関連記事:気軽にショップを持ちたい・グッズを作りたい人にとってSUZURIが最高すぎた!

 

 

 

実はイラストの色んなところにネタを仕込みました

ギターは実際にあるVOX-SDC55というギターをモデルにしています。3×3パターンのタイプの音色が出せる面白いギターなんです。そして、アンプも実際に存在するアンプです。(ロゴはYOXに変えました)VOXのAC30 というThe BeatlesやQUEENも愛用したアンプです。実はシールド(ケーブル)も実際に存在するモデルで、モンスターケーブルを元にしています。

女の子はBUSSANのオリジナルキャラ、BUSACO(ぶさこ)です。この子が履いている靴はadidasのRIVLRYというスニーカーを元にしています。ショートパンツにも3本ラインを入れてみました。また、着ているトレーナーは実は僕がデザインしたもので、実はこっそり販売してます。

商品ページへ:MOONスウェット
実際に自分で着ていますが、月のプリントがめちゃくちゃ存在感あります…!

 

 

 

ものづくりは楽しい!皆でやるともっと楽しい!

今回、参加頂いた23名の方々のお陰で企画が実現しました。本当にありがとうございました!一人でものづくりをするよりも気合が入り、そして見てもらえる機会も増えるので、やはりいろんな方と一緒にものづくりをするのが楽しいと、個人的には実感しています。中身の濃いオリジナルコンテンツを作るのって、中々難しい事だと思うのですが、このイラストに23名もの方の情報が含まれていると思うと、めちゃくちゃ濃い内容に出来たのではないかと思っています。

 

TOPへ戻る

 

こんな記事も読まれてます

イラスト上達過程10年分
イラストは描き続けるだけで上達するって本当?上達過程10年分まとめてみました!どうもBUSSANです。 僕は高校生の頃からイラストを描き始めたのですが、 気付いたら10年が経ち、20代も後半となっていました。 ...
SAIを使った自己流イラストの描き方久しぶりにSAIを起動したBUSSANです。 今回、ツイッターのアイコンか、カバー画像(ヘッダー画像)用にと思って キャラクター...
多趣味な人の圧倒的メリットに気づいたかもしれないので聞いて欲しいんです。多趣味=中途半端?本当にそうでしょうか。僕は多趣味の当事者なのですが、実は最近まで多趣味であることのデメリットに悩んでばかりいました。やりたい事が多すぎて、常に時間とお金がない状態。コロコロ目移りしてしまう状態。でも、実は多趣味には圧倒的メリットがあったのです。自分の中でちょっとした革命だったので、この場にメモしておきます。...