クリエイティブ

ZONeというエナジードリンクがハンパなかったのでそっと推したい

ZONe

こんにちは。なんでもクリエイターBUSSANです。
最近twitterでZONeというエナジードリンクの広告を良く見かけるので、なんじゃこりゃと思って調べてみたら、あまりにも凄かったので、思わず発売日当日に購入してしまいました。何が凄いか簡単にまとめてみようと思います。おそらく、このZONeはモンスターを狩る「ハンター」になるかもしれません…。

 

eカルチャー向けのエナジードリンクというコンセプト


実はeカルチャー向け(クリエイターやゲーマー)※画面と睨めっこする人達
を応援するエナジードリンク、地味に存在していなかったように思います。エナジードリンク界隈の王者、「レッドブル」はどちらかと言うとスポーツ色が強く、特にモータースポーツやエアレースなど、レース競技からのスポンサー支持が大きいように感じます。
一方モンスターエナジーは、ゲーマーにも愛されている印象がありますが、実はその缶に「アスリートやミュージシャン」という言葉が書かれています。確かにライブハウスに行くと必ずモンスターが提供されている気がします。これはそれぞれの公式サイトを見ても違いは一目瞭然で、誰に向けたエナジードリンクなのか というところが意外と棲み分けられているように思います。

RedBull HP

Monster energy HP

そして今回のZONe。こちらは明確に「eカルチャーをサポートする」というコンセプトをうたっています。公式サイトもレッドブルやモンスターとは全然方向性が違います。

ZONe HP

 

公式キャラクターのデザインが良い

銀髪のツインテールには「Z」モチーフのヘアピン。
赤い目にはZONeのロゴマークが光っています。黒×赤のカラーリングのコスチューム。
コンパニオンガールを彷彿とさせます。

デザインしたのはLAMさん


どこかで見た事あるな~と思ったら、HAL東京の「夢に、嚙みつけ。」のCMで有名なLAMさんがデザインされているとのこと…!

コラボしているクリエイター達が凄い

イラスト、音楽、ゲームなど各方面のクリエイターやプレイヤー達と、かなり広く積極的なコラボレーションを実現していて、そのラインナップがとても豪華。スーパースター達が大集合しています。

イラストでコラボしているクリエイター

ちょっとコラボ対象がかなり広いため、僕がギリギリ追えている範囲でイラストレーターさん達とのコラボを紹介します。

れおえんさん


れおえんさん、光の表現が神そのものなのですが、今回のイラストもその腕前を存分に振るわれています。

tarou2さん


tarou2さんはスニーカーに造詣が深い方なのですが、バッチリスニーカーのソールまで描き込まれています。

裕さん


ラノベイラストや数々のキャラクターを手掛ける裕さん。ポージングと表情が最強です。

PALOWさん

圧倒的なキャラデザのセンスと世界設定が魅力のPALOWさんですが、背景までしっかり描き込んであってストーリーを感じさせるのが凄いです。

望月けいさん


パキっとした線画が特徴的なけいさんですが、今回もそのタッチを活かしバキバキのぞん子さんに仕上がっています。

POKImariさん


とても整った画力で安定したキャラデザをされる方なのですが、やはり間違いない。

しゅがおさん


この方が描く女の子は本当に魅力的で可愛らしいのですが(個人的にKMNZがドンピシャ。)今回もその可愛さは健在。

米山舞さん


皆の大スター米山舞さん。イラストのトレンドをまさに牽引する存在です。バチバチ感が凄い…。

 

イラストを10年続けた結果
イラストは描き続けるだけで上達するって本当?上達過程10年分まとめてみました!ド素人の僕がイラストを描き始めてから気づいたら10年経っていました。10年でどこまで変わるのか、上達過程をお見せしたいと思います!最初は紙と鉛筆だけでしたが、10年経ったら色々なツールでイラストを描くようになっていました。...

アートコラボの特設サイトも

DIVE TO ZONe というサイトでアートコラボについて大々的に触れられています。
どうやら.MPというクリエイティブチームが関連している様子。すみません、ちょっと追い切れていないのですがとりあえずスゲェです。

 

 

もちろんPixvでのイラストコンテストも。


とにかく各方面でのイベントが同時多発的に行われていてヤバいです。

 

 

ティザーサイトにも抜かりが無い

このZONeの缶にはQRコードがプリントされていて、このコードを読み取ると専用のティザーサイトを表示させることができるのですが、このサイト、ワザワザ公式サイトとは別に用意されているのです…。凝りようが凄い!そして、そのサイトがハチャメチャにカッコイイのです。こんな感じで…。

 
スクリーンショットを載せてみましたが、凄さがイマイチ伝わらないと思うので実際に買って、サイトを訪れてみて下さい。というかこのサイト、モバイルだけかと思っていたのですが、PCはPCで別の動きが付けられているようで、かなり凝っています。

そして、このサイトに書いてあるメッセージに少し感動したので抜粋させてください。

画面の向こうの世界が、
キミの人生を変えたように、
画面のと向き合うキミが、
世界を大きく変えるかもしれない。

cp.zone-energy.jp より引用

そう、このメッセージは、「画面の向こうの世界」に影響された人が読むことを前提としたメッセージなのです。ゲームやイラスト、音楽、動画など、画面の向こう側に何かしら影響されて人生が変わった僕らに向けて、今度はお前がやる番だ、とそう言っているように感じました。※あくまで僕個人の感想です。

ゲームに夢中になり攻略法の研究で夜中まで起きて画面とにらめっこしていた思い出、
イラストに夢中になり朝まで描いていた思い出、誰も来なくても涙を飲んでずっと続けた配信、そんな記憶が呼び起されました…。あの時僕は間違いなく画面の向こう側にかじりついていました。そしてそれは今も続いています。何かちょっと前向きになれる、そんなメッセージが刺さりました。

 

 

で、ZONeの味はどうなのか?


缶の蓋の部分までブラックに塗装され、なんともイカツくスタイリッシュな装いですが、そのお味はいかに…

モンスターエナジーを週2~3本くらい飲む僕の個人的な感想

まず前提として、僕は普段からモンスターエナジーを飲んでいます。個人的に好きなエナジードリンクのTOP3を挙げると、1位はモンスターのグリーン缶。その次がモンスターのオレンジ(カオス)。で、意外にもその次に好きなエナジードリンクはRAIZINです。

一時期、2日に1本モンスターを飲んでいたのですが、流石に健康被害を体感し、今は週に2本程度に抑えています。そんな僕が今回ZONeを飲んだ感想はこんな感じです。簡単にまとめてみました。(今回の感想は黒い缶の方です。赤い缶はまた次の機会で…!)

 

味はモンスター寄り

レッドブルとモンスターのどちらかで例えるなら、かなりモンスターに寄っている気がします。甘めです。しかし後味はちょっと酸味もある。モンスターを少し大衆向けにしたような感じです。

 

炭酸はコーラよりもはるかに弱い

コーラとか三ツ矢サイダーと比べると遥かに炭酸は弱いです。モンスターよりも弱く感じます。例えるならMATCHくらい。炭酸のバチバチ感が苦手な人にはちょうどいいかもしれません。コーラが好きな方は物足りないかも。

 

含まれるカフェイン量は少ない

USDAによると、モンスターエナジーに含まれるカフェイン量は100mlあたり36mgだそうです。一方ZONeは500mlで75mg含まれていると缶に記載されているので、100mlあたり15mgの計算となります。

 

糖質はモンスターとほぼ同等

USDAによると、モンスターエナジーに含まれる糖質は100mlあたり11g。一方ZONeは500mlあたり61.2gと記載されています。つまり100mlあたり12.2g。ほぼ同等です。
しかし、100mlあたりで比べたら同等ですが1本あたりで比べるとZONeの方が多いので注意です。体感としては、モンスターよりちょっと甘い印象です。

 

量がとにかく多い。圧倒の500ml。

エナジードリンクは、量が少ないけどちょっと高い、リッチな飲み物。
そんなイメージがあるのですが、ZONeの内容量は遠慮なしの500ml。圧倒的です。
飲み切ろうと思うとちょっとキツイのですが、逆に長時間持つので、ゲームをプレイしながらやアニメを見ながら、何かをしながら飲むのに良いかもしれません。そして、値段はモンスターと同額の190円(税別)なのでかなりお得感があります…。

 

エナジードリンク界に風穴を開けるのでは…


圧倒的なコンセプトとプロモーションでド派手に登場したZONeですが、僕はこのエナジードリンクについて次のように感じています。

ライバルは恐らくモンスター

全体的にモンスターをかなり意識しているのを感じます。味付け、缶の色、容量、価格帯、全てにおいてモンスターと戦いに来ている雰囲気を感じています。実際、今日スーパーでモンスターとZONeのどっちを買って帰ろうか迷いました。(どっちも買いましたが)

訴求対象は10代~20代前半のオタク

ペルソナの対象は、eカルチャーに興味のあるオタク、ゲーム、アニメ、音楽、動画、などの消費が盛んな層、消費だけでなくクリエイティブにも興味がある層ではないでしょうか。コラボ対象も精査し、かなり刺さりやすいアプローチをしてきています。僕みたいな人間にはバチバチに刺さりましたので、こんな記事を書いてしまっています。

 

モンスターを狩るハンターになりかねない

まさにモンハン。でもこの勢いで攻めれば、モンスターを狩るハンターになりかねないと思っています。僕は影からそっと推していきたいと思います‥‥。(と言いつつ、モンスターも同量購入しそう)

 

ZONeの青缶、ZONe DEEP DIVEが発売!(9/8)


2020年9月8日に新しいテイストが発売されたようです!
僕はまだ買えていないのですが、コンビニで見つけ次第、トライしてみたいと思います!
トライしてみました!↓

 

青缶(DEEP DIVE)の味は?

ZONe青缶
味はカルピスソーダ。うん。まさにカルピスソーダです。
しかし、薄まったカルピスという感じではなく、しっかりと甘さが残ります。
香りも味もエナジードリンク感はほとんどありません。色は白色でした。
ジュースと言われて出されてもあまり違和感を感じないかもしれません。これは飲みやすいという意味ではかなり良いのではないかと思います。しかし、モンスターのような刺激が欲しい方には少し物足りないかも。逆に、普段エナジードリンクをあまり飲まない方には割とおススメできるかもしれません…!まだの方は是非チャレンジしてみて下さい!

 

 

▼この記事と相性の良さそうな関連記事

ライブ配信用のマイク
初めてゲーム配信するならどのサイトがいいの?実際に使い比べて感じたことこんにちは!引きこもるために色々買ったBUSSANです。 僕は不定期にライブ配信(ゲーム配信)をしているのですが、配信をする上でどうし...
ゲーム好きカップルが結婚するとどうなる?実生活の一部を公開します!こんにちは、多趣味人間BUSSANです! 皆さんはどんな趣味をお持ちでしょうか? 僕は小学生の頃からゲームが好きです。 今...
#VRChat始めました
VRChatが楽しそう過ぎたので、予備知識ゼロで始めてみました。こんにちは。多趣味人間BUSSANです。 最近何かと名前を聞くようになってきた「VRChat」。 もう誰もかれもがこのコンテンツのう...
イラストを10年続けた結果
イラストは描き続けるだけで上達するって本当?上達過程10年分まとめてみました!ド素人の僕がイラストを描き始めてから気づいたら10年経っていました。10年でどこまで変わるのか、上達過程をお見せしたいと思います!最初は紙と鉛筆だけでしたが、10年経ったら色々なツールでイラストを描くようになっていました。...
「おうち時間」を快適に!

今、世間的にも世界的にも全人類が、史上最も「家に居る」んじゃないかと思います。
そして多分今後もしばらく家に居そう‥。そう思った僕は家の中の「おうち時間」を快適にするために、色んなアイテムを買いました。今回は、インドア派の僕がなぜそれを買ったのか、買った結果どうなったのかを簡単にまとめてみました。
↓の画像クリックで記事に飛びます!