カメラ

写真の「ボケ」とは?ボカシやブレ何が違うの?実例を含めて解説します。

ピント?ああ、手がかりのことね!
それヒントや!
ごめんごめん、ピンクの人ね?
惜しいけどピン子や!!
わかった!数字のカードに穴開けるゲーム。
それはビンゴや!!!

のボケではなく、僕が好きなのは写真のボケ(bokeh)の方です!
一眼レフを買ったのも、ボケる写真を撮ってみたいと思ったからでした。

どうもBUSSAN(BUSSAN_8888)です。

ちなみに、ボケ(boke)という言葉は日本語ですが、世界共通で使われていて、英語で「bokeh」と表記するらしいです。

bokeh

なんかいいですね。
英語にしただけで謎のオシャレ感。

とりあえず僕が撮った写真を(稚拙ですが)見てみて下さい。

 

 

 

 

 

玉ボケ玉ボケ (被写体:冬に博多駅で撮ったイルミネーションです。)

玉ボケです
点光源がボケるとこうなります。
イルミネーションは玉ボケしやすいです。
被写体の後ろが玉ボケになるとグッと雰囲気が良くなります。

 

 

 

 

後ろボケ後ろボケ (被写体:福岡コーヒーフェスティバルで撮った紙コップです)

後ろボケ
被写体の後ろがボケるように撮っています。
撮りたいものを強調しやすくなります。

 

 

 

 

前ボケ前ボケ (被写体:武雄神社で撮ったご神木です。樹齢3000年以上あるそうです…!

前ボケ
被写体の前にある物がボケるように撮っています。遠近感を表現しやすくなります。

 

 

 

 

前後ボケ前後ボケ (被写体:海の中道海浜公園で撮ったネモフィラです。)

前後ボケ
被写体の前後にある物がボケるように撮っています。幻想的な雰囲気を作りやすくなります。

 

 

 

 

ボケではないもの

ちなみに、ボカシ(bokashi)は英語で「blur」(ブラー)となります。ボカシとボケは別物です。

ぼかしボカシ (被写体:ハイアットリージェンシーというホテルです。マイケルジャクソンが泊まったらしい)

ボカシはこんな感じです。(Photoshopで全体にぼかしています)

 

 

また、instagramの機能で「チルトシフト」という、周辺をぼかす効果がありますが、これもボケとは異なります。
チルトシフトは「ティルト・シフトレンズ」というレンズが元となっています。

 

 

チルトシフトチルトシフト

Instagramの機能 チルトシフトで加工するとこんな感じです。(上半分にチルトシフトをかけています)

 

 

また、ブレ(bure)はボケと全くの別物で、英語で「Camerashake」(カメラシェイク)となります。

 

ブレ ブレ

ブレている写真です

いろいろありますね。似ていても効果一つで全然違う。写真はマジで面白いです。

 

 

 

実は…
ボケ(bokeh)写真は一眼レフカメラがなくても撮れます。
っていう記事を次回書こうと思います。お楽しみに!

書きました!⇒一眼レフがなくてもボケ写真を撮る方法

写真初心者が一眼レフカメラを買って2年経った結果素人ながら2年間続けてみました。その結果分かったこととは… 写真は撮るだけが楽しみじゃないみたいです。...
一眼レフがなくてもボケ写真を撮る方法なんちゃって初心者カメラマンBUSSAN(BUSSAN_8888)です。 前回の投稿で、「ボケ」(bokeh)写真っていいな!という内...
instagramはじめてますどうも、BUSSAN(ぶっさん)です。 アイキャッチの画像はめちゃくちゃ曇ってるスカイツリーです。 とてもインスタ映えとは程遠い...
水の撮り方
鏡を使った水の撮り方に無限の可能性を感じた【スマホで出来る撮影テク】こんにちは、なんちゃってカメラマンBUSSAN(ぶっさん)です。 前回の躍動感のある水の撮り方に続いて、今回別の方法で動きのある水を撮...