写真

鏡を使った水の撮り方に無限の可能性を感じた【スマホで出来る撮影テク】

水の撮り方

こんにちは、なんちゃってカメラマンBUSSAN(ぶっさん)です。
前回の躍動感のある水の撮り方に続いて、今回別の方法で動きのある水を撮る方法を紹介します。
これがまた簡単な方法なんですが奥が深い・・・!

世界に1枚だけの写真が撮れるシリーズ第二弾です。

文で書くより見てもらった方が早いと思うので、
まずは撮った写真何枚か載せますので見てみて下さい。


水たまり

揺れる水の写真

青さがバラバラで申し訳ないのですが、
1眼がなくてもスマホだけで撮影可能です。
最初の2枚はiphoneで撮影・加工しました。
そしてこれ、さえあれば撮れます。

 

 

撮り方

手鏡に水を乗せて色んな角度から撮る

これだけです。

ポイントは詳しく下記に記します。

 

 

 

用意するもの

100均で買える手鏡です。
多分大きい方が撮りやすいと思います。
あと縁が付いているものだと、また面白い写真が撮れます。
撮影前は指紋などが付かないように乾いた布でよく拭いた方がきれいな写真が撮れます。

 

 

 

注意点

・鏡を落とさないよう注意!
・水で服や足元をぬらさないよう注意!
・周囲への配慮を忘れない!

撮影中は鏡を片手で持って、片手でカメラを持つ事になると思います。
鏡を水で濡らすので、滑りやすいです。落とすと割れますので絶対に鏡を落とさないよう気を付けて下さい。
安定して鏡を置ける場所があれば、置いて撮ったほうが安全です。
さらに、鏡を色んな角度に傾けたくなります。
もちろん鏡の上には水が乗ってますので、傾けすぎるとこぼれます。
こぼれて体や足元を濡らしやすいので気を付けて下さい。(僕はサンダルをびしょびしょにしました)
また、鏡を撮るので撮影に夢中になりがちです。
カメラのファインダーには綺麗な景色が映りますが、周りの目からは自分が凄い変人に映ります。
ので、気を付けて下さい。
自宅の庭かベランダが一番安全です。外で撮る場合は周囲へ配慮した方がよさそうです。

 

 

 

撮影のポイント

スマホでも一眼でもOKです。ただ、一部一眼でないと撮影出来ない撮り方もあります。

①鏡に空を映して撮る

青空を映して撮るとよりキレイにみずみずしい写真が撮れます。
青い空を狙いたい場合は朝か夕方、太陽が傾く直前がおススメです。
日中日が高いと太陽の光をモロ反射しますのでめちゃまぶしいです。

②乗せる水の量を変えて撮る

乗せる水の量は少量だと水滴っぽくなります。多めにすると水たまりのようになります。
多めに水を乗せて寄って撮る(接写する)と結構面白い画が撮れたりします。

③水を流しながら撮る

最初の写真の5枚目は、水を流しながら撮っています。
蛇口からでもいいですし、外ならペットボトルを使ってもいいかもしれません。
ただ、動いている水を捉えるにはシャッタースピードを速くして撮る必要があるので、
一眼がないと難しいかもしれません。
ちなみに、水を流す量を変えると動き方も変わるので面白いです。

④鏡の上に水を溜めて撮る

鏡に縁がついていれば、鏡の上に水を溜める事が出来ます。
その状態で水を揺らすと揺れてさざなみのようになります。
それを撮ると、最初の写真の3枚目のような画になります。
が、これが結構難しい。水をこぼして濡れるリスクも高くなります。

 

 

 

撮った写真を加工する

iphoneの加工機能だけで加工できます。最初の画像の1枚目と2枚目はiphoneだけで
加工しています。

1水以外の部分を切り抜く
2フィルターをかける
3彩度を上げる
4明るさ(ライト)を落とす

手順はこの通りなのですが、
過去に書いた記事「躍動感のある水の撮り方」にてスクリーンショット付きで
解説していますので、詳しくはそちらを見てみて下さい。

 

 

 

無限の可能性

この撮影法、めちゃ面白いんです。
上で説明したポイント4点だけでも十分面白いんですが、
鏡に色んな風景を映すことができるので、可能性が無限大なんです。例えば…

青空でなく夕焼けを映す
人の顔などを映す
草花を映す
ビル群など無機物を映す
夜景を映す
フィギュアなどを置いて撮る
カエルなど動物を置いて撮る(難易度高そう!)
雨の日に鏡を地面に置いて撮る(難易度高そう!)

しかも、撮る時間(日の高さ)水の量、によっても
全然違う写真が撮れそうです。

これはヤバイ。可能性しかない…。でも僕はまだ全然試せてないんです。
これから水の入ったペットボトルと鏡を持って外出するかもしれません(笑)

 

 

 

実例

もし、やってみたよ!という方がいらっしゃればこの場で紹介したいと思います。
前回「躍動感のある水の撮り方」では実際に試してそれを記事にして下さいった方がいました。
しかも実際にTwitterのカバー画像に使っているという…!

 

 

 

この撮影方法で作ったもの

この方法で撮った写真でインテリアを作りました。
SUZURIで買えます。

SAZANAMIBLOCK

SAZANAMIBLOCK

実はSUZURIで作った物が増えてきたので、特設ページを作りました。
良かったら是非覗いてみて下さい!